飲食店開業・経営に関するお悩みをまるごと解決│飲食店まるごとNAVI

  • 飲食店の開業に関することなら飲食店まるごとNAVIにおまかせ

    飲食店まるごとNAVI

  • 飲食店の開業に関することなら飲食店まるごとNAVIにおまかせ

    飲食店まるごとNAVI

店舗開業をお考えのお客様へ

飲食店を開業する際のポイントをまとめました。

 

飲食店の開業・経営で失敗しないために準備しておくべき11のこと

 

 

居抜き物件ご紹介・買取りいたします

 

おすすめ物件

祐天寺
  • NEW!
  • 居抜き
  • おすすめ!

希少な駅近古民家物件!

東京都目黒区
1階・2階 一棟貸し
260,000円(税抜)
16.18坪

物件【No.1041】

根津
  • NEW!
  • 居抜き
  • おすすめ!

間口広めの路面物件。

東京都台東区
1階
176,000円(税抜)
15.13坪

物件【No.1040】

神田
  • NEW!
  • 居抜き
  • おすすめ!

美内装の小規模路面店。

東京都千代田区
1階
235,000円(税抜)
9.53坪

物件【No.1039】

水天宮前
  • NEW!
  • 居抜き
  • おすすめ!

人気エリアの路面物件!

東京都中央区
1階
232,000円(税抜)
16.74坪

物件【No.1038】

中目黒
  • NEW!
  • 居抜き
  • おすすめ!

カフェバー居抜き物件。

最寄り:中目黒駅
1階
価格はお問い合わせください
14.79坪

物件【No.1037】


物件一覧を見る

店舗経営者様、オーナー様、店長様へ

店舗経営・運営でこのようなお悩みはございませんか?

忙しくて比較検討する時間がない

専門のコンサルタントが、情報収集からフードビジネスの施設コンセプト作り、デザインメニュー計画などお客様のご希望を考慮し、理想の店舗づくりをサポートいたします。

今ある経営課題を解決したい

コストを削減したい、客単価を上げたい、人手が足りない…など、飲食店まるごとNAVIではお客様の課題をヒアリングし、総合的な観点から最適な解決方法をご提案いたします。

お店の設備などを見直したい

店舗のIT化による業務改善や、経費削減などをトータルサポート。厨房や店舗運営に必要な設備はもちろん、LED照明の見直しによる電気代削減などのご提案も行っております。

開業準備からその後の運営にいたるまで、飲食店まるごとNAVIにお任せ!

開業準備からその後の運営にいたるまで、飲食店まるごとNAVIにお任せ!

店舗経営に関するお悩みをワンストップで解決

内装の設計、店舗運営機器の導入、人材採用などの飲食店経営に関わるさまざまな業務を、一貫したサービスでご提案させていただきます。相談窓口を1つに絞ることで効率的な課題解決を実現します。

導入取引社数 90,000社

1993年の設立以来、9万社以上をサポート。その実績は私たちの信頼の証にもなっています。さまざまなお悩みを解決して蓄積された専門知識で、お客様のご要望に最大限の成果でお応えします。

各分野のエキスパートがチームでスピーディーに対応

店舗経営のお悩みは、業態やターゲットによって千差万別です。飲食店まるごとNAVIでは、各分野に精通した専門スタッフがお客様のための専属チームで担当いたしますので、細かなご要望まで迅速な対応が可能です。

サービス一覧

飲食店まるごとNAVIのサービス一覧です。

サービス事例

飲食店まるごとNAVIのサービス事例をご紹介します。

ショールームのご案内

見て、触れて、実感できる、体感型ショールーム

お電話によるお問い合わせ

お電話によるお問い合わせはこちらまでご連絡ください。フリーダイヤルなので無料でお電話いただけます。
0120-964-532
平日9:00-18:00

メールによるお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記メールフォームよりお問い合わせください。24時間365日受付しています。
お問い合わせ

最新記事

よくあるご質問

店舗開業を考えているのですが、何から手をつけて良いのかわかりません。
飲食店まるごとNAVIでは、店舗開業に関する各分野のコンサルタントがヒアリングをさせていただいた後、プロジェクトの方針やスケジュールをご提示いたします。まずはお気軽にご相談ください。
お店の集客がうまくいってないのですが、どうすればいいでしょうか?
飲食店のお客様には「食べログ」を使ったネット集客をご提案いたします。さらに、Webサイトの制作やプロモーション映像制作、店舗の内装設計、飲食店の事業計画からメニュー開発等のコンサルティングまで行っております。集客についてなんでもご相談ください。
店舗などの売上、運営管理が手間で困っています。
弊社では、POSレジのリース・レンタルや店舗のWifi環境構築含めて短納期での対応も行えます。また、店舗スタッフの負担を減らせる製品のご案内から集客のお手伝いまで対応可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

飲食店の開業・経営で失敗しないために準備しておくべき11のポイント

飲食店開業をする場合、多くの準備が必要になります。
日々、新しい飲食店がオープンする中で、同時に多くの飲食店が閉店に追い込まれています。
飲食店の開業・経営で失敗しないために準備しておくべき11のポイントを解説します。

飲食店の開業・経営で失敗しないために準備しておくべき11のこと

1 開業資金を計算・準備する

開業資金を計算・準備する

開業資金については、お店の業種やコンセプト、どこにこだわって一番お金をかけるかによりますが、目安として想定している年商の半分ぐらいは準備しておきましょう。
物件費用には、お店の家賃や保証金などが含まれます。
保証金は敷金と同じですが、店舗物件の場合は家賃の10ヶ月分が相場なので、金額が想定よりも大きくなりがちです。「保証金のうち30%が償却」といった条件がついている場合もありますので注意が必要です(この場合、30%は返還されません)。
内外装工事費や厨房設備については、居抜きの物件を改装したり、厨房設備を中古で購入して安く抑えることができます。
店舗運用資金として、仕入れ・人件費・光熱費などの店舗の運営に関する経費を3ヶ月分は準備しておくと安心です。


2 お店のコンセプト

お店のコンセプト

お店のコンセプトは、お店の魅力そのものです。物件探しやメニューにも関わってくるので、具体的に作り上げていきます。
飲食店の場合、次のような項目を明確にすると良いでしょう。

・出店エリア(交通アクセスの良し悪し、人通りなど)
・ターゲット(年齢層、性別、職業、収入、家族構成など)
・利用シーン(毎日の食事、宴会、接待など)
・営業時間・定休日(時間帯による人通り、周辺店舗の状況など)
・業態(何をメインに売るのか)
・売り方(店内のみでの提供、テイクアウト専門など)
・価格帯・支払方法(商品の質や客層に見合っているか、など)

コンセプトを明確にすることでお店の魅力が伝わりやすくなり、より多くのお客様に長く愛されることに繋がります。


3 繁盛店や競合の調査

繁盛店や競合の調査

繁盛するお店には必ず理由があります。自店とコンセプトが近いお店を選んで実際に足を運び、調査してください。もちろん、コンセプトが異なっていても学ぶ点はたくさんあります。
調査する場合、下記に注目すると良いでしょう。

・外観の印象(全体のイメージ、看板の位置、入店のしやすさなど)
・店内の雰囲気(外観との一貫性、客席配置、清掃など)
・従業員の接客態度(身だしなみ、入店時挨拶、店員数など)
・メニュー(装丁、種類、価格帯、おすすめ、期間限定メニューなど)
・料理(注文してから出てくるまでの時間、盛り付け、味、鮮度など)

調査に行ったら、何が良くて何がいまいちなのかを細かく分析して、改善方法を具体的にシミュレーションしてみましょう。


4 店舗物件の調査

店舗物件の調査

立地選びは集客に大きな影響を与えるので、どこに飲食店を開業するかで悩む方は多いでしょう。開店までたどり着けても、業績が悪くなりやむを得ず閉店となる飲食店も少なくありません。物件を選ぶポイントとしては、「家賃が長く払い続けても負担にならない金額であるか」です。
好立地であるほど家賃は高くなります。家賃は業績が悪くても下げられないので、お店のコンセプト、ターゲットを元に売り上げを予測し、何割を家賃に充てられるのかを考える必要があります。
売り上げ予測は1~12月まで、業績ごとに必ず3パターン作り、それぞれしっかりと計画しましょう。
物件を見る目は実際に見ることで養われていきます。周辺の飲食店の状況や業態を確認して、さまざまな物件をあたってみましょう。


5 事業計画の立案

事業計画の立案

融資を受ける場合には、事業計画の提出が必要です。事業計画書には創業動機、事業の見通しなどのさまざまな項目がありますが、その中でも重要なのが売り上げの予測です。
売り上げの予測は何となくで決めず、次の式を参考に時間帯で分けて根拠がある数字を計算しましょう。

売上=席数×客単価×回転率

事業計画書は自店の事業をより良くするためのものです。融資を受ける受けないに関係なく、頭の中にしまいこんでいる項目をきちんと書き出し、整理しておきましょう。


6 メニューの企画・開発

メニューの企画・開発

コンセプト、ターゲットを決めた時点で、料理のメニューはある程度構想が練られていると思います。ここで、お店で出す商品の整理をしてみましょう。
看板メニューとは文字通り、お店の看板となるメニューです。「この店といえばこのメニュー」「そのメニューのためにお店に来た」となるような商品を必ず用意しましょう。その他のメニューは看板商品を軸に構成していきます。
メニューを考案する際には、必ず料理1品あたりの原価を把握するようにします。グラム単位で分量を想定し、仕入れ価格から粗利までがいくらになるかを想定しましょう。原価が販売価格の3割程度になるのがベストです。


7 物件契約から内装・外装の施工

物件契約から内装・外装の施工

店舗物件の調査で見てきた候補から、物件を決定します。
調査の際にピックアップした項目を参考に、じっくり検討しましょう。
物件を決めたら店舗レイアウトを考えます。お客様の目に入る部分はもちろん、食材の搬入や厨房の導線、エアコンと座席の位置、スタッフが快適に作業できるかどうかまで考えてみてください。
特に厨房の設計は重要です。内装業者に相談したり、他の飲食店で具体例を集め、参考にさせてもらうと良いでしょう。


8 人材採用

人材採用

スタッフを採用する場合、どの配置に何人必要なのかをまず明確にします。飲食店の場合、キッチンとホールに配置が分けられます。人数が明確になったところで、人件費がいくらになるのか具体的に計算しましょう。計算の際には時給や交通費のほかに、雇用保険料の負担についても確認します。
求人はインターネットや冊子などの有料求人媒体での募集をおすすめします。また、求人活動だけでなく、採用した後にスタッフの能力を最大限発揮できるようなマニュアルも、前もって作成しておきましょう。


9 仕入れ先の選定

仕入れ先の選定

飲食店では、仕入れ先の選定は経営にダイレクトに影響するため、迷う方も多いと思います。毎日安定した食材を仕入れるために、下記の点に注目すると良いでしょう。

・仕入れ価格は無理がないか
・安定した品質を提供できるか
・メニューのコンセプトに合った業者か
・自店からはどのくらいの距離か
・メイン食材に詳しい・関連が深い業者か

業者との繋がりは仕入れ先の紹介や、お店の予約などに繋がる可能性もあるので、お互いが気持ちよく取引できることも重要です。


10 各種届け出や資格など

各種届け出や資格など

飲食店を開業するには、以下の資格と届け出が必要になってきます。

【資格】
・食品衛生責任者
・防災管理者
(店舗または建物全体の収容人数が30人以上の場合)
【届け出】
・個人事業の開廃業等届出書
(税務署)
・防火管理者選任届(消防署)
・食品営業許可(保健所)
・深夜における酒類提供飲食営業開始届出書(警察署)
・労災、雇用、社会保険の加入手続き(市役所)

資格取得のための講習は日程や受講人数が限定されるので、余裕をもってスケジュールを組んでおきましょう。
また、資格・許可の取り決めは地域によって異なる場合もあるので、物件を探すと同時に確認するとスムーズです。


11 販促ツール

販促ツール

販促ツールは看板や広告、SNSなど自店を知ってもらうためのツールです。看板の設置は外観にも関わってくるので、早いうちから検討をしておきましょう。設置する数やデザインは決めてあるコンセプトを元に、予算に応じて決定します。
一方、SNSや手書きチラシは導入しやすく予算もかからないので、初期費用を抑えるのに向いています。活用している飲食店を参考にしてみると良いでしょう。

グループサービスサイト